大阪AGA治療ガイド > 薄毛の噂・ウソ・ホント

薄毛の噂・ウソ・ホント

今まで、なんとなく耳にした事はあるけど、実際の所はよくわからない、薄毛に関する噂やウソ・ホントにお答えいたします。

はげ・薄毛のウワサ その1

男性イメージ01

帽子をかぶっているとハゲやすい?
ヘルメットをかぶる=ハゲになる。という訳ではありません。
ですが「ハゲになる可能性は高くなる」とはいえます。日常的にヘルメットをかぶっていると、汗で地肌が蒸れることで真菌(カビ)が繁殖しやすい状況になって、頭皮に炎症を起こしやすくなります。

この炎症がハゲの原因になる事はあります。髪のことを考えるとヘルメットはあまりよくないかもしれません。
といっても頭が蒸れたからすぐハゲるという訳ではありません。蒸れない事に越した事はありませんが、
夏の暑い日でも毎日洗髪して頭皮を清潔にしていれば特に深刻な問題にはなりません。

はげ・薄毛のウワサ その2

ワカメ

ワカメやコンブを食べているとハゲない?
ワカメ、コンブなどの海藻類を食べればハゲにならないとよく言われますが、実際の根拠はありません。
「これさえ食べていればハゲない」「禿を治す」という食物はないのです。

昔から「海藻類は髪にいい」と言われていますが、発毛効果があるとか、若ハゲの予防になるとかの裏付けはありません。
ただ、海藻類はミネラル成分が豊富で、体に良い食べ物なので、髪を含めた全身の健康維持のためにバランス良く摂ることをお勧めします。

はげ・薄毛のウワサ その3

男性イメージ02

毛深いとハゲやすい?
体毛が生えている分、頭髪に行く栄養が少なくハゲになりやすいというのは、はっきりと関係があるとは言い切れません。
髪の毛をつかさどるのは女性ホルモンであり、それ以外の体毛は男性ホルモンの働きによるものなのです。両方のホルモン分泌量が多い人は、髪も体毛も濃くなりますし、かならずしも「毛深いからハゲる」ということにはなりません。

はげ・薄毛のウワサ その4

男性イメージ03

遺伝が影響するってホント?
これに対しては半分正解で半分は不正解です。
どうゆうことかというと、『ハゲ』が遺伝するのではなく、『ハゲやすい体質』が遺伝するので、予防する事は十分可能です。

しかし実際にハゲの家系があるのはなぜか?これが残り半分の答えなのですが、ハゲる家系というのは、遺伝の前に睡眠時間や暴飲暴食など『ハゲやすい生活環境』にいる可能性が大きいんです。
これは実家に住んでいると気がつきにくい事が多いです。

はげ・薄毛のウワサ その5

ビール

お酒はよくない?
適度の飲酒は血流を良くし、睡眠をもたらすので育毛対策にはよい結果をもたらす面もあります。
問題は飲みすぎるといけないということです。
アルコールは肝臓で分解されますが、アルコールの摂取量が多いと分解が間に合わず、アセトアルデヒドという毒性物質が血液を通じて体内を循環します、これがAGAの原因とされるDHTを増加させる働きがあると近年言われています。

脇坂クリニック大阪

関西地区で最多の臨床数の
頭髪治療専門病院