大阪AGA治療ガイド > AGA治療の安全性

AGA治療の安全性

AGA治療に使われる薬品は使用に注意が必要です。安全に治療を受けるには正しい薬の服用と、専門医のチェックを定期的に受けましょう

治療薬の安全性と副作用

AGA治療薬は、そのほとんどが本来の利用目的ではなく、 副作用的な意味合いで発毛現象がみられた薬品が商品化されたものです。
病院で処方される薬は、全基準のFDA(アメリカ食品医薬品局)の厳しいチェックはパスしていおり、
正しい使用方法や服用量を守れば問題はありません。
ですが個人輸入などで購入した薬品に関しては注意が必要です。

脇坂クリニック大阪

脇坂クリニック大阪

詳細ページへ

安全性

アンドロゲンレセプター遺伝子の検査が行える、数少ない医療機関の1つ!

通常の診断でも血液を採取し薬による影響がないかをチェックしてくれます。
他にも、AGAの発症に関与している遺伝子について調べてもらうことが出来ます。
アンドロゲンレセプター遺伝子と呼ばれるDNAの塩基配列を調べ、AGAになりやすい体質かどうかを知ることができ、治療方法に生かしています。

脇坂クリニック大阪で受けれるアンドロゲンレセプター遺伝子検査って?

脇坂クリニック大阪で受けれるDNA検査、アンドロゲンレセプター遺伝子の検査っていったいどのようなものなのか? 血液を採取して、脱毛を起こす原因である、男性ホルモンの影響を受けやすいかを診断するものです。
DNAの塩基配列はA(アデニン)、T(チミン)、G(グアニン)、C(シトシン)の4種類から成り立っており、各遺伝子の特有の塩基配列を解析する事で、
AGAを発症しやすい体質なのかが判断でき、処方する薬の効果や治療方針を決定する上で非常に有効な判断基準となります。

現在アンドロゲンレセプター遺伝子の検査を行う事ができる施設が限られている為、脇坂クリニック大阪は検査を受けることができる数少ない医療機関といえます。

他の条件で比較する

SBC毛髪再生医療センター梅田院

SBC毛髪再生医療センター梅田院

詳細ページへ

安全性

育毛、植毛共に安全性の高いものを使用。

内服薬、外用薬共にFDAで認可済みのものを使用。メソセラピーもビタミン剤、血流改善剤、成長因子を使用で副作用の報告は無し。
しかし血液検査が定期的に行われておらず、別料金のオプション扱いであるところが気になった。

他の条件で比較する

大阪梅田中央クリニック

大阪梅田中央クリニック

詳細ページへ

安全性

90%以上の発毛効果と副作用の無い高い安全性の「HARG」

HARG療法で使用されるカクテルにはアレルギー起因物質など含まれていないので危険性は無し。
併用で使われる内服薬や外用薬もFDAで認可済みのものを使用と安心です。
しかしながら、大阪梅田中央クリニックでは血液検査などの安全面での検査の頻度が不明でした。

他の条件で比較する

聖心美容外科クリニック

聖心美容外科クリニック

詳細ページへ

安全性

ISO9001を取得クリニックなのですが

国際水準的に一定以上の質の高い医療が提供できる。 管理体制が確立していると認められた場合に限り認定されるISO認証を2008年に取得。
しかし3年ごとに更新をしなければいけないのですが、更新されていないのが気になります。

他の条件で比較する

AGAスキンクリニック梅田院

AGAスキンクリニック梅田院

詳細ページへ

安全性

オリジナル発毛剤がUSPにて最高ランクの安全基準を取得

総括診療部長自らが発毛を体感した、オリジナル発毛剤「Rebirth」はUSP(アメリカ薬局方)で最高ランクの製薬安全基準をクリアした高濃度・高品質の成分を使用。

他の条件で比較する

脇坂クリニック大阪

関西地区で最多の臨床数の
頭髪治療専門病院